千葉大学で開かれたワークショップに参加しました

2012年2月13日(月)に千葉大学で開かれた“人文社会科学研究科特別講習会「キャリアデザインワークショップ」”にWCJの村林が講師として参加しました。当日のテーマは「人社系院生と社会貢献」で、人文社会系の研究と社会とのあいだにどのような架け橋を作ることが可能なのかという点を出発点に議論を行いました。

ワークショップ終了後、西千葉駅近くの飲食店へ場所を移し、第2ラウンド兼懇親会を開いていただきました。ワークショップに引き続き、人文社会系大学院が置かれている状況や今後の展望、今ここから何ができることはないのかなど話は尽きず、大変楽しく刺激的な時間を過ごすことができました。

帰宅途中にワークショップでの議論を振り返りながら、プレゼンテーションの最後に提示した「人文社会系の研究を続けるにあたり、社会的価値と経済的価値を両立するにはどうすればよいか」という点が今後解決が必要な課題だとの思いを強くしました。おそらく、「社会において”よい”とされるもの」と「お金」をどのようなかたちで両立させるのかという視点が、これからの人文社会系の研究において、今まで以上に必要になると思われます。その上で WRITING CENTER JAPANに何ができるのか。今後も考えながら動き続けて行きたいと思っています。

最後に、参加してくださったみなさま、および貴重な機会をご用意くださった千葉大学の関係者に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


Leave Your Comment

Your email will not be published or shared.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree